• HOME
  • 事例
  • デジタルマーケティング内製化を目標に1年半かけてノウハウを移転

デジタルマーケティング内製化を目標に
1年半かけてノウハウを移転

概要

デジタルマーケティング内製化のご支援をした事例です。
検索エンジンマーケティングを中心に毎月の定例会で弊社の分析視点・改善視点を共有していきました。
ただ単に成果を出すだけではなく、”成果を出す考え方”を移転する必要があったため、次回定例会までの検討テーマを決め、プロジェクトメンバーにも検討結果を持ち寄っていただく形を取ることで、個別ケースの考え方を含めたノウハウ移転を行っていきました。

課題

毎月、新しいコンテンツを投入しており、一定のアクセス数を確保していたものの、問い合わせはなかなか発生しませんでした。コンテンツ企画は、コンテンツ内容の検討、コンテンツ作成者への依頼、文章・図の作成、社内チェック・承認、制作作業など、多大な労力がかかりますが、その成果が見えて来ず、継続するべきかどうか悩んでいました。
弊社からは、毎月定例会を開きながら、分析視点・改善視点を共有し、1年半後を目途に内製化を実現するご提案をしました。

ご支援内容

SEO対策の考え方と実践的手法の移転

6ヶ月間のSEO改善ロードマップを作成し、SEOの考え方・アプローチの仕方を毎月、Webサイトの実際の分析結果をもとにご紹介していきました。

広告出稿のテストと運用アドバイス

リスティング広告の企画・出稿・運用もお客様に行っていただき、弊社であればどのような企画・運用を行うかをご提案していくことで、考え方をお伝えしていきました。

Webサイト分析手法の移転

毎月分析すべきこと、スポットで分析すべきことを分け、実際のWebサイトデータをもとにした分析結果をもとに、分析の考え方・データの読み方をご紹介していきました。

コンテンツ戦略の考え方

コンテンツ戦略の考え方をご紹介するとともに、毎月のコンテンツ追加案についてアドバイスを行い、実践で使える考え方をお伝えしていきました。

成果

ご支援開始から1年半で、基本的な考え方・手法に関するノウハウ移転を終え、内製化を開始しました。それ以降は、制作業務や広告運用実務を除いたほぼすべてのデジタルマーケティング業務を内製化しましたが、成果を落とすことなく、スムーズに引継ぎを行うことができました。

関連情報

受付時間/平日 9:00〜18:0003-5159-6664